和の香り

タブ粉と除虫菊

この夏は線香を作りましょうかね

はい、そんなわけで、表題の線香。
じつは香司である私が言うと実力のほどが知れてしまうんですが、線香はちょいと苦手。
売られている線香も、香料(合成香料)が強いときもち悪くなってしまいムリ。
だから自分で作ってみると、今度は煙くてムリ。

そもそも香料だけではスティックにしろコーンにしろ形作れないし、また、香料をガンガン火つけて燃やしてしまうのは割高すぎるのでしません。お焼香でもパラパラ程度ですよね。

線香の原料は5〜8(もしくは9)割が木屑。
木屑といっても、タブノキの樹皮を粉末状にしたものです。タブ粉といいます。
香りは無くはないけど、木の変な香りはしない、という程度。
おなじくシナ粉というものもあり、こちらの方が粘りも香りも強めとされています。
こっちはシナノキから採れるのかな?そこらへんのソースは今後見つけときます。

で、結局タブ粉もシナ粉も燃やせば煙い!
そこに2〜5割の香原料を混ぜたからと言って、ぴたりと”煙さ”がなくなるわけではなーい!!

…そこで登場してくるのが、合成香料です。

こいつは天然と比べると段違いに香りが強く、匂い袋の調合でも合成香料をまぜたスプーンは中性洗剤でしっかり洗わないと匂いが染み付いてるくらい。
9割タブ粉の線香調合に、5〜6滴のサンダルウッドの合成香料追加すれば、もうそれだけで白檀線香のできあがり。さらにお花の香りもブレンド!とかすれば煙さが抑えられた香りプンプンの線香になります。

…でもそれ、私の苦手な線香。
とは言え、人の好みはそれぞれなので、そういう線香が好きな方はそれで全然かまわないんです。

要は、自分オリジナルで自分の好みの香りを作ってみることができる自由を味わう、ってこと。
あれ?話がズレてきた??

まあ5割の香原料をお高いランクの沈香+丁子+麝香あたりにすれば、文句なくいい香りになるでしょうが、それワークショップで出せません!5000円でできるかどうか。

ともあれ、線香チャレンジ、この夏スタートしますよー!!



折り紙ナスの文香袋

急募!匂い袋づくり体験参加者募集!

5月も中旬をすぎ、終盤となって参りました。近所のローズガーデンの薔薇もそろそろ見納めか、というところ。
さて、表題の匂い袋づくりワークショップですが、5月のしめくくりとしていかがでしょうか?

じつはこのサイトから体験リクエストを頂き、急遽実施してみようかということになりました。
場所は地元の板橋から少し離れ、西日暮里です。
5月31日(金)、13:30〜15:00を予定。

ただいま参加者2名様。また作ってみたい方、まだ作ったことのない方もチャンス!!
ぜひお友だち、お知り合いとお誘いあわせのうえ、ご参加ください。
(残席2)

場所は西日暮里駅すぐのルノアール会議室を予定、ワンドリンク(720円くらい)と場所代人数割が別途かかります。(見学時でもルノアールのドリンク代はかかります)
匂い袋は1200円で2つ作れます。

★参加希望、見学お申込みはリンク先フォームからその旨お送りくださいね!
お申し込みはこちらから

ちなみに、5/24〜26の3日間は、台東区のモノマチというイベントで、私の香の母校である薫物屋香楽でも手作りお香体験ができます。→詳細
そちらは1回1100円です。ただし大賑わいになるので、作るのは30分くらい、並んでる時間のほうが長い場合もあるかも(汗)
なお、ものづくりの街で開催されるモノマチは、お香以外にもいろいろものづくりを体験できたり製品を買ったりできるイベントですよ。

温める(空焚き)

水に沈む木

「香といえば沈」と言われる香の王様「沈香」。
沈香樹という香木で、ベトナムやインドネシア、マレーシアなどの東南アジアの山岳や密林地帯に生息するジンチョウゲ科ジンコウ属の常緑高木(←ググりました。暗記してないので)です。

で、この木が水に沈むんですよ。
一般的な木の比重って0.3とか0.4とか。
密度の高い堅い木で0.7とか。水には浮かびます。
沈香は「沈水木」ともいわれる通り、水に沈みます。
なぜか?

木の内部に樹脂が多く(場合によってはそんなにないものも)含まれるため、比重が水より大きくなり沈むようになります。
沈香の香りはこの樹脂の香りなんです。
木のところは香りません。
※白檀も香木ですが、白檀は木そのものが香ります。

樹脂で固まっているため、常温ではほぼ香らず、温めるか燃やすかして香らせます。

先日は香の講習会で、死ぬほど沈香の聞きくらべをしてきました。
グラム130円(それでもただの木屑ではない)の沈香からグラム1万円超えのもの、さらにはプライスレスのものまで。
グレードによって価格は大きく変わります。

現在は天然の沈香の輸出入が条約で禁止されていることもあり、いま手に入るのは養殖モノがほとんどです。
が、コレクションとして残されていたものは貴重な貴重な天然物もあり、その香りを堪能して、じつに贅沢な時間を過ごしました。

帰る途中も家に着いてからも、自分の服といわず髪といわず沁み付いた沈香の香りに包まれて、しあわせな午後でした。

私はお高い沈香は持っていませんが、
「沈香ってどんな香り?」「聞きくらべしてみたい」
と思われた方いたら、フォームからリクエストしてくださいね!
教材でもらって勿体なくてチビチビ使ってる沈香一揃えがありますので、お試しできますよ〜!

香り比べ用調合

テーマ「光る君へ」の匂い袋

「光る君へ」がテーマの匂い袋を調合せよと、私の通っていた教室出身の香司方々の集まり(?)ちがうか団体(?)まあそういう会の発足15周年記念イベントでのお誘いあり。
それぞれの香司のオリジナル調合の香り比べです。

参加は任意ですが、やるでしょう!
…ただし、私、香り比べ当日は伊豆にいてイベント会場に居ず…。
が、提出だけはする!…そりゃ他の方の香りも聞きたいのは山々ですが、旅行の予定のが先約だったので仕方ない。

で、香り比べ当日の1ヶ月くらい前に、提出用で3種調合してみました。
匂い袋も時間が経つと熟成というのか、香りが落ち着くというのか、変化していきます。
ちょうど1ヶ月くらい寝かせた状態でイザ!という訳です。

「光る君へ」のドラマを観てないってのが問題ではありますが、好きに解釈していいに決まってるので、私なりのこじつけで。
1つしか提出できないので、1つに決めて趣意書も添えて提出。
迷うなぁ…、どれもいい香りなんですよ。

2月17日匂い袋づくり

明日図書館で匂い袋づくりします!

なんということでしょう、自分のサイトを放ったらかすにも程がある。ほぼ1年ぶりに投稿します。
この一年、いろいろあったー!

ワークショップもたくさんさせて頂きました。多くの方に香りを楽しんでいただけて嬉しく思います。
自分のみならず、高2の娘がバンクーバーの語学学校でぶっつけで匂い袋WSをやってきやがりまして、提案はしたけれど、実際先を越されてしまいました。

負けてはいられないと、日本に来ている海外の留学生さん対象のWSも展開!機会をくださった台東区の語学学校(名前だしてもいいのかな?インターカルト日本語学校様です)には大変感謝!!しております。参加の生徒さんは、日本が好きで留学してて和のワークショップに興味を持ってる方々なので、すっごく真面目、みなさん熱心でした。

…と、ここで去年1年の振り返りをしはじめても終わらないので、明日、明日のことに集中!

もうこんなブログの文章みたらわかる通り、私自身は「雅」でもなんでもないですからね。
本当は着物で行ったろか?とも薄っすら思いましたが、動きづらいのでやめました。

来週のおそとカフェ(23日に赤塚新町公園でありますよ〜!)で着物は挑戦するかも…しないかも。
そう!おそとカフェの実行委員の方にお声がけいただき、初参加するのです!!
わ〜!

いや、まずは明日。わくわくです。
きっかけは図書館の職員の方からこのサイトのフォームから嬉しいご提案をいただいたこと。ん?てことはこの「雅」と真逆のサイトを知られているということ??
ま、カッコつけても化けの皮はすぐに剥がれるでしょうから、そのまんまで行きます。

和の香りを楽しんでもらいたい気持ちには嘘はありません!!
じつは昨日もシニアの御婦人4名様にワークショップを実施してきました。
自分の鼻とカンで調合して変わっていく香りを純粋に楽しんでおられました。これですよこれ!!

ちなみに、16日現在若干お席があるかも。気になったら図書館までお問い合わせください。
(画像のポスター中にちいさく電話番号でてます)

匂い袋365の7

⑦カレー

スパイス匂い袋の得意技「カレー」。
黙っていてもワークショップで「カレーっぽい」「なんかカレーみたいな匂いがする」と評判(?)なので、こりゃ楽勝なお題、と思いきや…。

カルダモンの入れ具合が難しいですね。
香りが特殊というか際立っているカルダモンは少量じゃないと「カルダモン香」になってしまう。
作り直して、クミンシードやコリアンダーを調合してようやくカレー香になりました。